各店舗の出来事

店長ぴぃジョブチェンジする(休業中の活動①)

おはようからおやすみまで、店長ぴぃです。

月二本という目標というか、ノルマというか、圧力もろもろ色々入り混じっている何かにより、ありそうで実はあまりない社内での立場がさらにさらに、私の頭髪のように薄くなってきているのでいよいよもって筆を取った次第であります。

薄い…

さて、今回は今年ももう、半分を過ぎてしまったので、今年1年の中で大きくあった出来事…そう!休業中の私の活動(?)などをピックアップしてみようと思います。といいますか、記事にしたためる内容を、それぐらいしか記録していなかったのです。

 

4月の頭、私が働く通称 磁場の嵐・悪魔の住処、日暮里店はお休みに入ったわけです。お休みに至るまでは喧々諤々、七転八倒、ララパルーザと色々すったもんだがあったわけですが、それはまた別のお話。今となってはいい思い出なわけです。(遠くを見ながら)

喧々諤々のイメージ。

 

休みに入ったものの、この18年私なんかは、日々パチンコ屋さんで勤務、お休みはパチンコ屋さんに行くという、生活=パチンコ屋さんだったわけなので、何をどうしたらいいかわからないのです。また、18年のパチンコ屋さん歴で長期休業という事も初めてな経験であり、初心な少年のように、どうしたらいいのか五里霧中、試行錯誤の錯誤のみといった状態、

「いやぁ・・どうしたもんか」とため息交じりにお店に来ていました。

 

負けた時も↑のような感じとなります。

そこで私が考えたのは「島を動かす」(パチンコ玉)だったのです。パチンコの玉というのは湿気を帯びると汚れが付着、様々なトラブルを引きおこすもので、玉は常に循環させておかないといけないのです。来る日も来る日も玉動かす事数日、とある方から連絡がございました。

 

正体はアヴェンジャーズの弓の人に似ています(笑)

電話機の青い表示画面に表記される名称は「パチ7編集長」…彼がいうには「休業中のホールの生の声を取材したい」という内容でした。それもオンラインで。さすが天下のパチ7、そして編集長、オンラインというツールを選択するあたり、口は悪いができる男です。

取材当日…PCの前に正座する私、画面の向こうにはマスクを外した編集長、アヴェンジャーズの弓の人に似ているナイスミドルが登場。そのナイスミドルが第一声「ぴぃさん生きとる?」彼のその一声に対し、「ああ生きとるよ、店は(半ば)死んどるけど(苦笑)」と返答。インタビューが開始されました。

⇒詳しくはこちらhttps://pachiseven.jp/articles/detail/11269

 

 

取材も終わり、ここからはしばらくの期間、島の中で玉が流れる音をBGMにして、再開の準備を進めておりました。消毒したり、ポスターを大判プリンターで出力、店内設備のメンテナンスetc  そろそろ飽きて(?)きたなぁと思ったころあいに、ラインに一通の依頼が…

「謎の男からの連絡!待ち受ける衝撃!店長ぴぃは混迷の時代の中生き抜くことができるか…次回 店長ぴぃ生放送に出る!」(続く!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tencho-P

日暮里で働くおっさん・そして店長。 パチンコスロット下手くそ連合 会員。 奥様大好きです。どうぞよろしく。

-各店舗の出来事

Copyright© Bさん公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.